教育実習は、将来教職につく方のために教育職員免許法施行規則第6条に基づき行われるものです。大学で学んだ一般教養・専門教養・教職教養などの理論や知識に基づいて、教育の現場に学びながら、教師の仕事に必要な実戦的な知識・技能・態度等の基礎を習得し、望ましい教育者精神や態度を身につけることを目指すものです。
 教師の仕事は、教科指導、教科外指導、学級経営など多岐に及びますが、そうした教師の仕事に現場で触れ、体験する事が教育実習です。また、現場の生徒にとってみれば、教育実習生といえども教員として接し生徒は一定水準の教育を受ける権利を有しているため、自身が教育の現場で学ぶことは当然ですが、教育の現場を乱さないよう、相当の覚悟で望むことが必要です。
 
■受講資格

 教育実習を受講する者は、下記の要件を満たしている必要があります。
  ①教職課程に関する科目の必修単位を修得している、もしくは履修していること。
  ②教員となることを、切望していること。
  ③教育者としての人格・資質を備えていること。
  ④次の者は教育実習を受講できない。
   ・重篤な感染症に罹患している者。
   ・実習校において、不適切な言動を行う恐れのあるもの。

 
■教育実習校の選定

 教育実習は、出身校で行うことが原則ですが、様々な事情により出身校での実習が不可能な場合は、大学にその旨を伝え、科目登録前に相談してください。
 原則として、実習の1年前には実習校より内諾をもらう必要があります。

 教職課程登録をされている方(教育実習を含む形で)には、毎年5月に別途書面にてご案内します。

 
■実習期間
免許の種類 期間 科目名 単位数
幼稚園・小学校教諭免許 3週間 教育実習/初等教育学校Ⅰ
教育実習/初等教育学校Ⅱ

5(5)

3(3)
中学校教諭(社会・保健体育)免許 3週間

教育実習/中等教育学校Ⅰ(1)

教育実習/中等教育学校Ⅰ(2)

教育実習/中等教育学校Ⅱ

5(5)

3(3)

3(3)

高等学校教諭(公民・保健体育)免許 2週間
特別支援学校教諭免許 2週間 教育実習/特別支援学校 3(3)

※単位数には事前・事後学習が含まれます。