星槎大学附属発達支援臨床センター



活動報告をメインにさせていただきます。
今後ますますコンテンツの充実を図ります。

星槎大学附属発達支援臨床センターの取り組み

 発達臨床センター、そのコンセプトはズバリ「うってでる臨床センター」です。
 当センターは、発達支援を必要とする子どもたちのご家族を応援します。
支援者を応援します。そして子どもたちを応援するみなさんが暮らす地域への支援を行うことにより、共生社会の実現を目指します。
当臨床センターのメンバーがいるところ、行くところ、呼ばれるところをすべて支援のアウトポスト(最前線基地)であると考え、共生教育の場、支援の場、臨床の場としていきます。
 研修事業、連携事業を、専門家であり、実践家であり、即戦力である臨床センターのメンバーが積極的に展開いたします。
 また応援団である皆様の専門性をバージョンアップさせる資格であるASサポーターの取得をサポートいたします。
 特性を理解してあげたい、指導方法を検討したい、と思われるお子さんがいらしたら、ぜひ私たちに声をかけて下さい。私たちの「機動力」と「専門性」をぜひご活用いただければと考えています。

臨床センター長 阿部 利彦

  • 阿部 利彦

    阿部 利彦

    星槎大学 発達支援臨床センター長
    阿部 利彦(あべ としひこ)
    専門分野:学校カウンセリング、特別支援教育
    星槎大学での担当科目:心理学的支援研究法、発達障害教育指導法(2)、発達が気になる子の「強み」を生かした支援
  • 古川 潔

    古川 潔

    星槎大学 講師
    古川 潔(ふるかわ きよし)
    専門分野:発達障害、特別支援教育
    星槎大学での担当科目:星槎学、多様な子どもの理解と支援
  • 佐藤 由加子

    佐藤 由加子

    星槎大学 講師
    佐藤 由加子(さとう ゆかこ)
    専門分野:特別支援教育
    星槎大学での担当科目:インクルーシブな学級づくり
  • 斎藤 やす子

    斎藤 やす子

    星槎大学 講師
    斎藤 やす子(さいとう やすこ)
    専門分野:学校カウンセリング(教育相談)、キャリア発達、メンタルヘルス
    星槎大学での担当科目:教育カウンセリング、現代社会とメンタルヘルス、カウンセリングの基礎
  • 三森 睦子

    三森 睦子

    星槎大学 講師
    三森 睦子(みつもり むつこ)
    専門分野:特別支援教育、家族社会学
    星槎大学での担当科目:教室で使える特別支援の教材づくり
  • 杉山 尚子

    杉山 尚子

    星槎大学 教授
    杉山 尚子(すぎやま なおこ)
    専門分野:心理学(行動心理学)
    星槎大学での担当科目:心理学(1)・(2)、基礎行動分析学
  • 千田 光久

    千田 光久

    星槎大学 教授
    千田 光久(ちだ みつひさ)
    専門分野:教育学、特別支援教育
    星槎大学での担当科目:特別支援教育論
  • 渋谷 聡

    渋谷 聡

    星槎大学 教授
    渋谷 聡(しぶや さとし)
    専門分野:スポーツ心理学、健康心理学、陸上競技
    星槎大学での担当科目:ボランティア活動Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、陸上Ⅰ・Ⅱ、インターンシップⅠ・Ⅱ・Ⅲ、バレーボールⅠ・Ⅱスポーツメンタルマネジメント、教職実践演習(中・高)

2017年5月10日

臨床センターは平成29年度、新しいメンバーが加わりました。千田光久先生、渋谷聡先生、山田雅之先生です。 先生方のプロフィールについては、今後HPでアップしていきます。 また今年度から拠点が横浜情報文化センター5Fの横浜キャンパス(阿部研究室)になりました。 臨床センターは学部、教育学研究科、教育実践研究科からのメンバーで構成されています。連携、協力しながら面白い企画をすすめていきますので、ぜひ注目して下さい。

今後の活動予定

〇星槎大学附属発達支援臨床センター公開講座のお知らせ
・テーマ :「体育指導・支援のデザインを考える」
・と き :2017年08月29日(火)
・場 所 :星槎大学大学院教育実践研究科
・エントリー :詳細はこちら

〇第1回星槎教育実践研究会研究大会のお知らせと発表者の募集
・統一テーマ :「特別支援教育の向上を目指して!」
・と き :2017年12月04日
・場 所 :星槎学園中高等部 北斗校
・エントリー :詳細はこちらエントリーはこちらから

〇大磯町子育て支援総合センター教育支援員研修会
・と き :2017年01月14日
・場 所 :大磯町
・掲示ポスター :


〇保護者向け講演会
・と き :2017年02月11日 11:00~12:30
・場 所 :星槎名古屋中学校


関連資格

・ASサポーターについて

詳しくはこちら

・取得者傾向について

詳しくはこちら


2015年度の主な活動

・05月31日(日):臨床センター、エクステンションセンター、教育研究所合同講演会
・08月08日(日):さっぽろ星槎教育センター公開講演会(担当:阿部)
・09月01日(火):大磯町教育委員会主催講演会(担当:阿部)
・09月14日(月):福井学習センター教育講演会(担当:杉山)
・11月21日(土):大磯町療育研修会(担当:阿部)
・01月08日(金):大磯町教育委員会主催講演会(担当:阿部)
・01月16日(土):さっぽろ星槎教育センター公開講演会(担当:阿部)

2016年活動報告

【たちかわティーサロン】
立川では毎月1回 「たちかわティーサロン」を開催しています。
8月は臨床発達センター長の阿部利彦先生に「子育てリフレーミング」についてお話しいただきました。
教室は満員で、クーラー最強にしても熱気がいっぱいでした。リフレーミングのワークも楽しんで行いました。


「失敗からより成功体験から学ぶことが多い」「自分に価値があると思えるときに勇気が持てる」と伺い、まず親から前向きに変わっていかなくては!と思いました。など多数の所感をいただきました。
セミナーの後は懇親会を行い、卒業生親の会の方々が作りの料理をふるまってくださいました。
校友会会長の山田りえさんも聴講に駆けつけてくださり、懇親会では星槎大学のこと・自らの学び・ピア活動についてお話しくださいました。(三森委員)

2016年活動報告

【平成28年度大磯町教育研究所「幼稚園領域部会」講演会】
・と き :平成28年10月11日(火) 15:30~16:30
大磯町立たかとり幼稚園にて「あたたかな聴き方、話し方について」というテーマで講演をいたしました。
幼稚園領域部会ですが、小、中学校の先生もご参加されました。グループワークを通じて先生方が積極的に意見交換をして下さり、子どもを支える大磯町の先生方のあたたかな雰囲気を実感することができました。(阿部委員長)

配布資料


【「発達が気になる子の子育てリフレーミング」】
・と き :平成28年09月26日(月)
・住 所 :南相馬市原町区北原境堀244-1
・参加費 :500円


平成28年度南相馬市子育て応援基金助成事業の一環として、ベテランママの会主催の認め合う子育て事業」が開催されました。
 ・増加傾向にある発達障害の子どもを持つ親の支援
 ・教育者をはじめ大人たちの発達障害への理解を深める
上記を目的に毎月開催されています。

平成28年09月26日(月)は、阿部利彦先生の「発達が気になる子の子育てリフレーミング」
場所は子育てカフェで、ママたちが学んだり集ったりするとき、子どもたちが遊んだり本を読んだりできる素敵なスペースです。(三森委員)
当日は「子育てリフレーミング」をテーマに講演会を行いました。皆で考える会にしたかったのでワークを多く入れた活動になっています。
南相馬の皆様の熱意とやさしさを体感し、元気をいただきました。(阿部委員長)
配布資料

・掲示ポスター


【広島でのLSA講座について】
・星槎教育研究所では NPO EDGEとの共催で「LSA(学習支援員)養成講座」を開催しています。
その広島での開催を担当してくださっている日本インクルーシブ教育研究所の第2期学習・発達支援員養成講座
第3回「ライフステージによる対応」が開催され、
三森委員が『義務教育後の対応、就職してから大切なこと、学齢期から身につけておきたいこと』
『自己肯定感を身につけるための周囲の関わり』についてお話ししてきました。
この講座の様子が 日本インクルーシブ教育研究所のBLOGに掲載されていますのでご覧ください。